2010年05月29日

三浦貴大「奥が深すぎ」デビュー作29日公開…映画「RAILWAYS」

三浦貴大「奥が深すぎ」デビュー作29日公開…映画「RAILWAYS」

役者業への思いを熱く語った三浦貴大 

俳優の三浦友和(58)と元歌手の山口百恵さん(51)の次男・三浦貴大(24)が、このほどスポーツ報知の取材に応じ、デビュー作の映画RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」(29日公開、錦織良成監督)への思いを語った。「終わった時はグッと来ました」と振り返り、「奥が深すぎて日々悩んでます。軽い引きこもりです」。修行僧のようにストイックに役者道を歩き出した。

 俳優人生の“出発ベル”がもうすぐ鳴る。「今は緊張しても仕方ない。一人でも多くの人に良かったと思っていただければ」。主演の中井貴一(48)から掛けられた言葉が胸をよぎる。「これからいろんな作品に出ると思うけど、デビュー作だけは一生超えることができないんだ、と。いつかそう思える時が来るのかな」。

 昨春大学を卒業し、役者の世界に飛び込んだ。けがで野球をあきらめ、地元・島根の電車の運転士になった若者・宮田大吾を必死に演じた。「最後のシーンは中井さんにも来ていただいて、こみ上げるものがあった。周りに子供たちがいたので涙はこらえましたけど。課題はあるけど今できることを全力でできたという満足感はあった」。両親とは仕事の話をしないそうだが、元球児という役柄に苦労していることを母に打ち明けると「野球やってないもんね」と軽く返されたという。

 幼稚園から水泳を始め、大学ではライフセービングに励んだ肉体派だが、役者を志してからはストイックなインドア青年に一変。「役者の仕事って完ぺきがない気がして。なるべくそれに近づこうとするけど、どこまで行っても届かない。それが面白いんですが、日々悩んでます」と初々しいが「後悔は全くしてません」と胸を張る。現場と自宅の往復生活はまるで修行僧。「家の隅っこで本読んでます。いちいち頭で考えるので。何もせず一つの場所に座ってます。家の中の映像があったら本当に暗いヤツだと思いますよ」と笑う。

 俳優としての目標は「そのシーンに生きていること」。今後演じてみたい役についても、「全編しゃべらないような役をやってみたい。難しいけどやりがいはありそう」。演技に対する探求心とストイックな姿勢は、もはや新人の域ではない。まっすぐ太いレールを走っていく。

 ◆三浦貴大(みうら・たかひろ)1985年11月10日、東京都生まれ。24歳。順大卒業後芸能界入り。映画「FLOWERS」「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の公開も控えている。「リポビタンD」のCMに出演中。兄はロックバンド「Peaky SALT」のボーカル・ユウ(三浦祐太朗)。

つぶやきながら映画を観る 「RAILWAYS」試写会で実験
三浦貴大、壇上会見に感激…映画「RAILWAYS─」
友和&百恵さん次男・三浦貴大が俳優デビュー

★★★

辻希美と杉浦太陽がそろってブログ更新せず騒然
坂口憲二、本格派刑事ドラマ初挑戦で明かす役者人生の“本音”とは
IZAM&吉岡美穂夫妻に11月末、第3子誕生へ「3人目の天使を授かりました」
存在感が違う!馬渕英俚可 朝ドラ出演も決定福山龍馬“第4の女”蒼井優の連絡先ゲットなるか
女性が手本にしたい髪型、1位は木村カエラ 〜ロングは北川、ボブではベッキーを支持
吹っ切れた矢田亜希子、復帰ドラマで体当たり演技
福山龍馬、長崎ロケぜよ!俳優として凱旋
滝クリ後任アナとNHKイケメンアナが熱愛
松ジュン、月9初主演で竹内結子とブストーリー