2010年03月14日

<北川景子>「藤沢先生に恥ずかしくない」初の時代劇主演 着物姿で「花のあと」舞台あいさつ

<北川景子>「藤沢先生に恥ずかしくない」初の時代劇主演 着物姿で「花のあと」舞台あいさつ3月13日12時50分配信 まんたんウェブ

映画花のあと」の舞台あいさつに登場した北川景子さん

 女優の北川景子さんの主演映画「花のあと」(中西健二監督)が13日公開され、東京都内の映画館で北川さんら出演者が舞台あいさつした。

時代劇初主演の北川さんは、あでやかな桜柄の着物姿で登場。「初めての時代劇でしたが半年時間をいただくことができて、殺陣や所作をしっかり練習することができました。藤沢先生にお見せしても恥ずかしくない作品になるようにと思いながら演じました」と撮影を振り返った。

 「花のあと」は藤沢周平の傑作短編が原作。映画は、江戸時代の東北の小藩・海坂藩で、男顔負けの剣の腕を持つ以登(北川さん)が、満開の桜の下で、剣の腕は藩随一という下級武士の江口孫四郎(宮尾俊太郎さん)と一度だけ竹刀を交え、生まれて初めての恋に落ちる。婚約者の片桐才助(甲本雅裕さん)がいる以登は、その思いを断ち切るが、江口がひきょうなわなに落ちたことを知り、自ら剣を手に戦いに挑む……という物語。主題歌は、一青窈さんの「花のあと」。

 殺陣や所作を学んだ北川さんは「普段の食事の際にも取り入れたり、女優としても糧となり、人としても成長できた」と笑顔で語った。北川さん演じる以登の父親役を演じた國村隼さんは「藤沢作品の世界観に身を置いて、自分も日本人だと実感できた作品でした」としみじみ語り、映画初出演で、以登と恋に落ちる下級武士を演じた宮尾俊太郎さんは「初めての映画で分からないことだらけでしたが、日本人の美しい生き様を伝えられたら」と作品をアピールした。【松村果奈/毎日新聞デジタル】

北川景子が藤沢周平原作『花のあと』で時代劇初挑戦! 女剣士役で殺陣も自らこなす

1. 映画「花のあと」公式サイト

2. 映画/花のあと 映画作品情報 - cinemacafe.net
3. 花のあと - Wikipedia
4. 花のあと : 映画情報 - 映画のことならeiga.com
5. 花のあと | 東映[映画]

山P&北川景子 手つなぎデート
北川景子 噂のカレと同席会見
北川景子 熱愛発覚

★★★

パラリンピックが開幕=冬季史上最多の44カ国参加〔パラリンピック〕

「NEWS」小山が記者…週1で“弱者の声”取材
【ドラマの見どころ!】 いつになく“輝く”ヒロスエと、龍馬と福山雅治のドMぶりが発覚? 『龍馬伝』
小林麻央を待ちうける厳しい現実
安達祐実、15年ぶり「金をくれ!」 フジ系昼ドラ「娼婦と淑女」会見


posted by シネマっ子 at 06:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『花のあと』(2010.3.13〜)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。