2009年05月30日

吉高由里子、恋愛には「それなりに一生懸命」(『重力ピエロ』)

重力ピエロ』(2009.5.23公開)

映像不可能といわれた井坂幸太郎の小説の映画化。

家族の愛は重力を超える・・監督:森淳一

伊坂幸太郎が活動の拠点にしている仙台および宮城県内でのロケを敢行

出演:加瀬亮岡田将生吉高由里子

仙台の街で起こる連続放火事件。放火現場の近くには必ず奇妙なグラフィティアートが描かれていた。過去に辛い記憶を抱える泉水と春の二人の兄弟は、事件に興味を持ち謎解きに乗り出す。グラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。謎を解き明かしたとき、その先に見えてくるものとは・・

泉水(いずみ)加瀬亮
本作の語り手。「ジーン・コーポレーション」という遺伝子に関することを取り扱う企業に勤めている。
春の持ちかけた放火事件のルールに興味を持ち、謎解きに乗り出すこととなる

春(はる)岡田将生
泉水の弟。市内に描かれたグラフィティアートを消すことを生業としているために、放火事件のルールに逸早く気づいた。
母親が連続婦女暴行犯に襲われた際に出来た子供であるため、泉水とは父親が違う。そのため、「性的なるもの」を怨讐に近いほど嫌っている。
誕生日がパブロ・ピカソの命日と同じであることから、自身をピカソの生まれ変わりだと称しており、ピカソのことは親しみを込め「ピカッソ」と呼ぶ。ピカソの生まれ変わりを称するだけのことはあり、絵が非常に上手く、小学生の頃には県のコンクールで大賞を貰った程である

吉高由里子は岡田扮する春を執拗に追いかける謎の女・夏子

★★★

吉高由里子、恋愛には「それなりに一生懸命」

仲良く「Yes, we can!」吉高由里子に翻弄される岡田将生
名わき役ナンバーーワンは小日向文世!堺雅人は意外なランクイン

映画『重力ピエロ』オフィシャルサイト

重力ピエロ』(じゅうりょくピエロ、A PIERROT)は伊坂幸太郎による日本の小説作品、およびそれを原作とした映画作品。 第129回直木賞候補作品、第57回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門候補作品、第1回本屋大賞ノミネート作品、2004年版このミステリーがすごい!第3位。
重力ピエロ - Wikipedia

3. Amazon.co.jp: 重力ピエロ: 伊坂 幸太郎: 本
4. 伊坂幸太郎『重力ピエロ』|新潮社
5. 無重力ピエロ

★★★

5/30はお掃除の日

<村上春樹さん>新刊「1Q84」、発売日に68万部

映画『ROOKIES』が公開

<草なぎ剛さん>スマスマでライブ キムタク「改めて引き締めて」、慎吾「剛は愛されてる」と

エビちゃん 故郷でILMARIと参拝デート


posted by シネマっ子 at 08:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『重力ピエロ』(2009.5.23公開)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。