2014年10月10日

大統領の執事の涙(2014.2.15)

2014.10.8〜9・・しみじみ・・泣けた・・

大統領の執事の涙』(だいとうりょうのしつじのなみだ、Lee Daniels' The Butler[4][5])は、リー・ダニエルズ監督、ダニー・ストロング(英語版)脚本、アンサンブルキャストによる2013年のアメリカ合衆国の歴史ドラマ映画(英語版)である[6]。ユージン・アレン(英語版)の実生活に触発を受けた内容となっており、フォレスト・ウィテカー演じるアフリカ系アメリカ人のホワイトハウスバトラー(執事)のセシル・ゲインズの視点で彼の34年の任期中に起こった20世紀の事件が描かれる[7][8]。2011年に亡くなったローラ・ジスキンが最後にプロデュースした作品である[9][10]。

アメリカ合衆国ではワインスタイン・カンパニー配給で2013年8月16日に封切られて、高評価を得て[11][12]、製作費3000万ドルに対し、世界興行収入は1億3000万ドルを超えた

奴隷の子供として育ったセシルは目の前で白人の主人に父を殺された過去を持つ。農園を脱出し、放浪の末、ホテルのボーイとして働き始めたことがキッカケになり、彼の勤勉さと接客が気に入られスカウトされ、やがてホワイトハウスの執事としてアイゼンハワーやケネディら、歴代大統領の元で働き続ける。妻グロリアとの間に二人の息子にも恵まれたが、黒人への人種差別問題が根深く残る時代、白人の下で働く父に反発し、大学に行かず公民権運動に熱中する長男のルイスとの確執が深くなる。「キューバ危機」「ケネディ暗殺」「ベトナム戦争」ホワイトハウスの中で激動の時代をまじか見てきたセシルだが、彼と彼の家族もまた波乱の運命を辿る事となる。

大統領の執事の涙 - Wikipedia


posted by シネマっ子 at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大統領の執事の涙
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。