2010年03月10日

関根勤、司会“演じる”…日本アカデミー賞授賞式

関根勤、司会“演じる”…日本アカデミー賞授賞式

日本アカデミー賞の総合司会に意気込む関根勤 

タレントの関根勤(56)が、初めて総合司会を務める「第33回日本アカデミー賞」の授賞式(5日、グランドプリンスホテル新高輪)に向けて本紙に意気込みを語った。

 昨年まで12年連続で司会を務めた関口宏(66)からバトンタッチ。当初は「えっ、オレでいいのかな。驚きと戸惑いが大きかった」というが、ノミネート作品を何度も見直していく中で覚悟を決めた。「荘厳に、楽しく。ジタバタしても仕方ない。僕もメリハリをつけて“演じて”いきたい」

 洋画・邦画を問わず映画好き。まな娘のタレント・関根麻里(25)がNHK―BS2で映画番組「シネマ堂本舗」に出演中とあって「家で娘と一緒に(最低)月8本は映画を見ている」。劇場を合わせれば、昨年は年間150本以上を観賞した。

 フジ系「笑っていいとも!」でタモリ(64)の休養時に臨時司会を務めるなど、実績は申し分ない。「これも一つの転機。自分の良さが出せれば、今後の可能性を広げていける試金石になる」。当日は得意のモノマネを封印し、黒子に徹する構えだ。

「沈まぬ太陽」に最優秀作品賞 日本アカデミー賞
2010年3月6日(土)14時23分配信 J-CASTニュース

第33回日本アカデミー賞の授賞式が2010年3月5日に都内で行われ、「沈まぬ太陽」が最優秀作品賞を受賞した。主演の渡辺謙(50)が最優秀主演男優賞に選ばれ、編集賞と併せて3部門での受賞となった。

劔岳 点の記」は監督賞、助演男優賞など最多6部門で受賞した。

最優秀主演女優賞には「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」の松たか子(32)が選ばれた

日本アカデミー賞

渡辺謙、涙の戴冠「一番ほしかった

香川照之感激!5度候補で初 最優秀助演男優賞…日本アカデミー賞授賞式
自ら受賞発表 余貴美子2年連続最優秀助演女優賞…日本アカデミー賞授賞式
松たか子が初の最優秀主演女優賞!裏方に感謝…日本アカデミー賞授賞式

日本アカデミー賞公式サイト

第33回日本アカデミー賞授賞式
. 日本アカデミー賞 - Wikipedia
. 日本アカデミー賞
. 日本アカデミー賞 - allcinema


posted by シネマっ子 at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アカデミー賞
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。