2011年09月07日

男女の胸の痛み映像化 映画「サヨナライツカ」イ・ジェハン監督

9/7あらすじ 解説 サヨナライツカ - goo 映画

中山美穂が12年ぶりに映画主演を果たした濃密なラブストーリー。前途洋々な航空会社のエリート社員・豊と高級ホテルに居を構える謎の美女・沓子。そんな2人の愛の形を1975年とその25年後の2つの時間に分けて映し出していく。作品全体に横たわるのは「愛すること」という普遍的なテーマ。そして誰かを愛するために必要なものが、切なさや悲しさと共に明らかにされていく。主演の中山美穂は沓子を妖艶に演じ、観る者を虜に。徐々に深い悩みの中へと落ちていく豊を演じた西島秀俊の姿も印象的だ。監督は『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン。スケール感を出しつつもディテールにこだわった演出を見せ、情感を豊かに表現してみせた。

解説 - サヨナライツカ
芥川賞作家、辻仁成の小説を「私の頭の中の消しゴム」のイ・ジェハン監督が映画化。1人の男性をめぐって、“愛すること”を選ぶ女性と“愛されること”を選ぶ女性の姿を通じて、愛のあり方を問う。中山美穂が「東京日和」以来12年ぶりにスクリーン復帰。共演に「ゼロの焦点」の西島秀俊、「誰も守ってくれない」の石田ゆり子。

あらすじ - サヨナライツカ
1975年、タイ、バンコク。イースタンエアラインズ社の若きエリート東垣内豊(西島秀俊)がバンコク支社に赴任してくる。彼は東京に残してきた美しく貞淑な婚約者、尋末光子(石田ゆり子)との結婚を控えていた…
>>『サヨナライツカ』あらすじ全文

※ストーリーの結末が記載されていることがあります。ご注意ください

1975年、タイ、バンコク。イースタンエアラインズ社の若きエリート東垣内豊(西島秀俊)がバンコク支社に赴任してくる。彼は東京に残してきた美しく貞淑な婚約者、尋末光子(石田ゆり子)との結婚を控えていた。野心家の豊だったが、端正な容姿と優しい性格で職場での信頼も厚く、日本人会の女性の人気を独占。仕事も恋愛もすべて順調、前途洋々の日々。だが、彼の婚約を祝う祝宴に現れた真中沓子(中山美穂)が、すべてを変える。艶やかな美貌と官能的な魅力を漂わせ、じっと豊を見つめる沓子。数日後、沓子は突然豊のアパートを訪れる。光子のことを思いながらも、沓子の魅力に抗えない豊。言葉を交わす時間すら惜しむように2人は体を重ねる。そして、沓子の暮らすオリエンタルホテルで、愛欲の日々が始まる。スイートルームに暮らす沓子の生活に、謎めいた魅力を感じながら惹かれていく豊。ある時、光子が電話でふと尋ねる。“あなたは死ぬ前に、愛したことを思い出しますか、それとも愛されたことを思い出しますか。私は愛されたことを思い出すでしょう。”自分を信じている光子を思い、沓子との関係を断ち切ろうとする豊。だが、反対に想いは募るばかり。結婚式が近づき、別れなければならないと知りつつも、沓子への気持ちを抑えられない。一方、恋愛を遊びと割り切ってきた沓子は、豊への気持ちが本心であることに気付く。やがて、“愛すること”が愛だと気付いた沓子は、叶わないながらも豊を愛し続けると心に決めて、バンコクを去る。25年後、光子と結婚し、副社長に昇進した豊は商談で再びバンコクを訪れる。かつての想いを胸に、オリエンタルホテルに足を踏み入れた彼の前に現れたのは沓子。彼女は豊を待ち続け、ここで働いていたのだった。25年の時を越え、自分が深く沓子を愛していたことに気付く豊。その後、沓子に会うために再びバンコクを訪れた豊だったが、沓子はすぐには会おうとしなかった……。

あらすじ 解説 サヨナライツカ - goo 映画

夫のため?一肌脱ぐ中山美穂

休業前より色気ムンムン ミポリン “アラフォー美”で取材陣を圧倒
ミポリン帰国、12年ぶり主演映画完成会見に笑顔で出席
熟れた肉体と大胆な濡れ場に騒然 中山美穂
中山美穂がCMで本場仕込みのフランス語を披露
中山美穂が料理の腕披露

1. 映画「サヨナライツカ」公式サイト
Powered by thumbshots
2. サヨナライツカ - Wikipedia
3. Amazon.co.jp: サヨナライツカ (幻冬舎文庫): 辻 仁成: 本
4. サヨナライツカ
5. サヨナライツカ : 映画情報 - 映画のことならeiga.com

『サヨナライツカ』は、辻仁成の恋愛小説。

「好青年」と周囲から呼ばれ婚約者もいる豊が、謎の美女沓子とタイ・バンコクで出会い、互いに惹かれ合い逢瀬を重ね、そして別れ、25年後に劇的な再会をするまでを描く。

概要
2002年11月に、行定勲の監督、坂本龍一の音楽、ワダエミの衣装、中山美穂と大沢たかおの主演で、フジテレビ製作、全国東宝系にて映画が公開される予定だったが、クランクイン直前になり監督の行定が降板し、一度は白紙状態となった。

その後2008年に、中山美穂主演という形は変えずに映画化されることが発表された。監督は韓国人のイ・ジェハン(李宰漢)が務め、2010年1月23日全国約180スクリーンにて公開された。配給はアスミック・エース。公開2日間で興行収入約1億3000万円を記録し、公開1カ月で観客動員数100万人、興行収入10億円を突破した。2010年6月25日にはアミューズソフトエンタテインメントよりDVD及びBlu-rayソフトが発売された。なお、翌週のオリコンDVD総合チャートでは9位、映画チャートでは1位を獲得した

サヨナライツカ - Wikipedia

「豊さんは一度でもあなたに愛している・・と言ったことがありますか??・・結婚式は11月9日です。来週の日曜日、午後1時までにいなくなってください・・」(尋末光子 - 石田ゆり子)

★★★

安西ひろこパニック障害!著書で告白

上野樹里は宮崎あおいを越えられるか?
彼の話題は…相武紗季、オトボケ悪女
清史郎お兄ちゃん、弟とドラマで初競演!

『アバター』ついにギネス抜く!『タイタニック』を超え全世界興行収入1位に

posted by シネマっ子 at 06:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『サヨナライツカ』
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック